FAQ

よくあるご質問

不動産の購入や売却に関するお客様から寄せられたご質問をもとに、様々な疑問への回答を掲載しております。
お探しの情報が一覧に無い場合は、お問い合せください。

重要事項説明とはなんですか?

宅地建物取引士が、契約が成立するまでの間に売主様・買主様に対して売買物件や取引条件に関する一定の重要事項の説明をすることが宅地建物取引業法上で義務付けられています。

弊社では、宅地建物取引士の資格を持った担当が、所定事項が全て記載された「重要事項説明書」でご説明いたします。

売買契約とはなんですか?

売主様と買主様との間で売買契約が成立すると、契約書記載事項に基づき、お互いの権利・義務を履行しなければいけません。

売主様は所有権移転登記、移転登記申請、引渡しなどについての義務が発生し、お互いの義務に違反した場合の債務不履行についてもあらかじめ明確な取決めをします。

契約時に何を用意すれば良いですか?

契約当日に向けて準備いただくものは、事前にご案内させていただきますが、基本的な必要書類は以下になります。

■ 必要書類等
実印(共有の場合は各々)
固定資産税等納税通知書
パンフレット・管理規約(マンションなどの場合)
売買契約書貼付印紙
仲介手数料(半金)
その他、売買物件によってご用意いただくものが異なりますので、詳しくは担当者よりご説明いたします。

手付金を受領した後で、契約を止めることはできますか?

契約を履行するため努力する義務がありますが、止むを得ず契約を解除する場合は、一定期間内であれば、買主様へ受領済の手付金を返還し、さらに手付金相当額を支払うことで、契約解除が可能です。

また、一定期間経過後に契約を解除するためには、違約金を支払う必要があります。
 

手付金は現金で買主様よりいただくのでしょうか?

基本的は現金での授受となります。
 

所有者全員での出席が難しい場合はどうすれば良いですか?

全員が出席できない場合は、出席者に「委任」することも可能です。
委任の流れは以下です。

1.印鑑証明書1通を取得(発効後3ヵ月以内のもの)
2.委任状へのご署名・ご捺印
  ※弊社より雛形をお送りします。
  ※ご捺印は実印でお願いします。
3.印鑑証明書と委任状を出席者に預けていただきます。

ローン完済手続きもお任せできますか?

ローン完済手続きは、個人情報の取り扱いの観点から、売主様に手続きをお願いしております。

権利証(登記識別情報通知)を紛失してしまったようですが、残代金受領・お引渡しは可能でしょうか?

残代金受領・お引渡しは可能です。

ただし、司法書士への追加費用が発生しますので予めご了承ください。

カギを数本なくしているのですが、ある分だけで良いのでしょうか?

所有しているものだけで問題ありません。

ただし、売買契約の案件によっては追加のカギの作成をお願いする場合もあります。