横浜・湘南へ行こう|東京・横浜・湘南エリアの不動産(中古、新築マンション・一戸建て)のことならリストサザビーズインターナショナルリアルティ

  • LIFE この街に暮らす
  • TOWN コレ!を極めて街歩き
  • PEOPLE LOCAL人、数珠つなぎ
  • HOUSING リスト 住宅情報

TOPHOUSING「鉄骨鉄筋コンクリート」と「鉄筋コンクリート」の違いは?構造から住宅を選ぶ!

横浜・湘南に暮らす

「鉄骨鉄筋コンクリート」と「鉄筋コンクリート」の違いは?構造から住宅を選ぶ!

マンションや住宅を購入する際に、「鉄骨鉄筋コンクリート造」や「鉄筋コンクリート造」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。どちらも建物の構造に関する用語で、それぞれに特性やメリットがあります。構造は、住み心地や耐久性に影響を与えるため、物件選びでは大きなポイントの一つです。今回は、鉄骨鉄筋コンクリート造を中心に建物の構造について解説します。  

<「鉄骨鉄筋コンクリート」のメリットは?>
鉄骨鉄筋コンクリートは、「SRC造」とも呼ばれ、頑丈な鉄骨の周りを鉄筋とコンクリートでさらに補強している点が構造上の特徴です。コストがかかるため中低層の建物ではあまり使われず、10階建て以上の高層マンションなどの大規模な建築物でよく使われます。

鉄骨鉄筋コンクリート造のメリットは、耐震性の高さです。これは鉄骨と鉄筋コンクリートの両方の長所が活かされているためで、引っ張る力に優れている鉄筋と圧縮力に強いコンクリートの特性により、震災時の揺れに対しても大規模建築の重みに耐えることができます。 一方、防音性能については、鉄筋コンクリート造とほとんど変わりません。また、RC造ともに木造建築よりも気密性が高いため、結露がしやすいという点や、工期が長くなるため建築コストが高くなるといったデメリットもあります。  

<鉄骨がないとどう違う?「鉄筋コンクリート」を選ぶ理由>
鉄筋コンクリートは「RC造」と略され、コンクリートに鉄筋が埋め込まれている建材で、建築コストが鉄骨鉄筋コンクリート造よりも安いため、中低層の建築物によく取り入れられています。柱や梁、壁などの基礎が鉄筋コンクリートでできている物件は振動に強く、気密性も高いので防音性能に優れています。そのため、生活音に悩まされることもほとんどないでしょう。

また、耐火性の高さも特徴の一つです。さまざまな構造に柔軟に対応することが可能で、柱や梁がない壁式構造やラーメン構造、デザインを重視したアーチ構造など目的に応じて選択することができます。

一方、建物の重量が重くなってしまうので、地盤が弱い場所では建築できないというデメリットがあります。重さを支えきれないため、広い空間が求められる建築や高層建築には向いていません。  

<建物の構造から物件を選ぶ!>
建物の構造には、上記の2つ以外にもさまざまな種類があります。ここでは、建築物によく使われる3種類の構造についてご紹介します。

●木造
木造は、断熱性や吸湿性に優れており、木のぬくもりや香りが魅力的です。材料費や建築費が安く、自然素材のため鉄骨やコンクリートなどの物件よりもあたたかみを感じやすいとして人気があります。しかし、木造の法定耐用年数は22年で、鉄骨造や鉄筋コンクリート造に比べて耐用年数が短く、シロアリなどの害虫被害や老朽化しやすいのがデメリットです。

●鉄骨造
鉄骨造は鉄の柱で組まれている構造で、柱以外の壁や天井などは木がよく使われます。鉄骨造の場合、工場であらかじめ部品を造ってから現場で組み立てるため、軽量鉄骨・重量鉄骨のどちらを使用しても工期は短くて済みます。アパートやハイツといった中小規模の建築物で鉄骨造がよく使われますが、耐久性・耐震性・耐火性・防音性などについては鉄筋コンクリート造に比べるとやや劣るといわれています。

例えば、賃貸物件で多くの方が気にしている「音」。木造や鉄骨造の場合は、隣の生活音が気になったり、子どもが走り回る音がトラブルになってしまうこともあります。気になる人は、鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造の物件を選んだほうが良いでしょう。

●ALC造
骨組みが鉄骨で、外壁などに「ALC」と呼ばれるパネルをはめ込む建築方式です。ALC とは、コンクリートに鉄筋材を埋め込みながら、高温で体積を軽くして固めたものです。ALCパネルを使うことで吸音性や耐熱性に優れた効果が期待できます。はめ込み式のため施工が早くコストパフォーマンスも良いので、近年、導入する物件が増えています。  

<鉄骨やコンクリート、構造で住み心地が変わる!>
建物の構造は、すべての点で最も優れているというものがあるわけではなく、目的や建築物の種類によってそれぞれメリット・デメリットがあります。構造によって断熱性・吸湿性・耐震性なども異なるため、重視したいポイントに着目して物件を選ぶことが大切です。木造物件は耐用年数が短いものの、断熱性や吸湿性に優れています。
一方、鉄骨やコンクリートの構造は夏暑く、冬寒いといったデメリットはありますが、耐久性や耐震性に優れています。
これから物件の購入を考えている方は、住宅に何を求めるかをよく考えて建物の構造を選ぶと、満足度の高い住み心地を手に入れることができるでしょう。

   

♥横浜・湘南エリアで不動産をお探しなら!♥

観光地としてはもちろん、住みたい場所としても長年不動の人気を誇る横浜エリア。横浜・湘南エリアの不動産なら、賃貸も売買も私たちリストにお任せください!

私たちは1991年に横浜で不動産仲介事業をスタートして以来、横浜の子育て事業や様々なスポーツや大会の支援など、地域に密着した様々な活動を展開しています。
(2015年横浜環境活動賞受賞)

 

賃貸物件をお探しの方はこちら
購入物件をお探しの方はこちら

RECOMEND2020.09.20

HOT ISSUE2020.09.20

RANKING2020.09.20

    COPYRIGHTS © TOWN PICK UP.ALL RIGHTS RESERVED.