FAQ

よくあるご質問

不動産の購入や売却に関するお客様から寄せられたご質問をもとに、様々な疑問への回答を掲載しております。
お探しの情報が一覧に無い場合は、お問い合せください。

住みながら売ることは可能ですか?

可能です。

ご自宅を売却したいという方の多くは住みながら売却を進めています。

売却活動をする中で、お住まいをご案内させていただくことがありますが、その際にはご協力をお願いいたします。

同じマンション内や周辺にチラシをまきたくないのですが、可能でしょうか?

可能ですが、同じマンション内や近隣の住人が購入されるケースも少なくありませんので、広告の範囲はできるだけ制限しないことが望ましいです。

個別の事情がある場合は、弊社の担当者が状況に応じたアドバイスを行います。

自宅が売却できるまで、どれくらい期間が必要でしょうか?

売却のご相談をいただいてから、お引き渡しまで、おおよそ3ヶ月から6ヶ月を目安となります。

媒介契約を締結した後、広告作成や情報収集などを行い、売却に向けた販売活動開始後、1ヶ月から3ヶ月での売買契約が一般的な流れです。

物件によってはより多くの時間を要する場合もあります。

また、売買契約後、残代金の授受・各種申請手続きを経て引き渡すしとなりますので、その期間が1ヶ月から2ヶ月半前後となります。

賃貸中でも売却することはできますか?

可能です。

賃貸借条件を引き継ぐことが販売の条件となります。

媒介契約について教えて下さい。

ご売却意思が固まりましたら、不動産会社(仲介業者)に売却を依頼するための契約が「媒介契約」です。

「媒介契約」には『専属専任媒介契約』『専任媒介契約』『一般媒介契約』3種類あり、いずれも契約期間は3ヶ月以内ですが、お客さまからの申し出により更新も可能です。

『専属専任媒介契約』は、一社の不動産会社に専属で仲介を依頼する契約なので、他の不動産会社に重ねて依頼することができません。

不動産会社は売主さまに対して1週間に1回以上の頻度で売却活動の状況を報告する義務があります。

また売主さまは、自分で購入希望者を見つけることはできません。
『専任媒介契約』は、『専属専任媒介契約』と同様に特定の不動産会社にのみ仲介を依頼する契約です。

不動産会社は売主さまに2週間に1回以上の頻度で売却活動の状況を報告する義務があります。

売主さまは自分で購入希望者を見つけることもできます。
『一般媒介契約』は、複数の不動産会社に重ねて仲介を依頼する契約です。

不動産会社は売主さまに報告義務はなく、売主さまも自分で購入希望者を見つけることができます。

販売活動ってどのようなことをするのでしょうか?

当社ネットワークを通じた登録顧客へのご紹介、ホームページや新聞折込チラシ・住宅情報誌への掲載、オープンハウスの開催、 周辺住宅へのご紹介、指定流通機構(レインズ)への登録、不動産会社等への紹介などを実施いたします。

 

売る前に準備するものを教えてください。

あらかじめ所有不動産の詳細がわかるものをご準備いただいていると、相談がスムーズに進みます。

・登記済証(権利証)または登記識別情報(担当者が、所有不動産の面積や名義人を確認するために必要です。)
・分譲時のパンフレット
・土地の測量図面や建物の図面など

不動産を急いで売りたい場合はどうしたらいいですか?

急いで売りたい場合は価格設定を相場よりも低くして売りに出すことで、早期ご売却の可能性が高まります。

しかし、購入希望者が住宅ローンを利用する場合は、手続き等に時間を要すため1ヶ月位かかることがあります。
また、最短で確実にという場合は不動産会社に買取を依頼することで、1~2週間程度でご売却可能です。

ただし、価格が相場の7割程度になります。

不動産を売却しやすい時期や季節はありますか?

一般的には、人が動く春(2月~4月)と秋(8月~10月)が不動産売却が活発な時期と言われています。

ただし、この時期は「売却の時間的ゆとりが無い、近隣に競合物件が多く価格競争になりやすい」といった要因もあり、必ずしも売却価格に反映されるとは限りません。

また不動産は売却価格以外にも金利や税制改正等の影響も受けます。

早期売却のためには、適切な売却価格の設定と、ご自身の不動産の付加価値や魅力をどれだけアピールできるかがポイントです。

弊社にお任せいただければ、お客さまに適した売却活動のご提案をさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

販売価格は途中で変更できますか?

販売価格の変更は可能です。

物件ページの閲覧数が少ない、広告を出しているのに問い合わせが少ない、オープンハウスをやっても見学者が少ないなどの場合に、直近の近隣物件の売出価格や成約状況を考慮した上で価格を見直す場合が多いです。

どうやって買い手を探すのですか?

一般的には、自社の持っている顧客リストや、店舗へのご来店、折込広告、インターネットなどを使って買い手を探します。
具体的な売却活動方法は、不動産会社によって異なりますので、査定依頼時に、どのような方法で活動を行うか確認しておくと良いでしょう。

個別相談会とは何ですか?

売り主さまの「売却活動についてご相談」する場です。

弊社はターゲティングを重視した手法を用いて成約した成功のノウハウを豊富に持っています。

売り主さまの「物件の特長」や「売りたい金額」をお伺いした上で、「どのような売却戦略を立てるか」についてご提案させていただきます。

個別相談会の場所についてはお客さまのご都合のよろしい場所をご指定ください。
東京・神奈川であれば、お客さまのご自宅や近くの喫茶店など、弊社担当者がお客さまのところへ伺いますので、お気軽にご相談ください。

もちろん、弊社店舗にお越しいただいても構いません。

一切広告をせずに売却することは可能ですか?

可能ですが、より良い条件で購入してもらうには、物件の情報をたくさんの方に知っていただく必要があります。
広告を制限することはその可能性を減らすことになるため、お勧めしていません。
 

契約期間は何ヶ月でしょうか?更新はできるのでしょうか?

原則、3ヵ月以内となります。その後は最長で3ヵ月ごとの更新が可能です。

お部屋の写真も撮るのですか?

物件の良さを周知するため、基本的には撮影させていただきます。
ただ、どうしても掲載したくない等のご事情がある場合は、担当のエージェントにご相談ください。
弊社の場合は、プロのカメラマンによる撮影を行います。(制約あり)
 

写真撮影に備えて、大きな家具を移動しておく必要はありますか?

必要ありません。
小物や個人情報が記載されたものだけ、写真に写りこまないようご配慮いただけますようお願い致します。

プロのカメラマンによる撮影の際に、小物類が写りこまないように一旦移動させていただく場合がありますが、大きな家具等は購入後のイメージ醸成に繋がるため、そのままの状態を生かして撮影させていただきます。

部屋番号も掲載されてしまうのですか?

部屋番号は掲載されませんので、ご安心ください。
なお、マンション名や住所は掲載されます。

マンションの場合は、マンション名・住所・階数(部屋番号は記載いたしません)
戸建ての場合は、町名まで(枝番は、業者間もしくはご内覧をされるお客さまのみにお伝えします)
広告の段階では、個人を特定されないように記載いたしますのでご安心ください。

販売図面の内容は自由にアレンジできますか?

可能な限りお客さまのご意向を反映させていただきますが、法律上やスペース上の制約により、掲載できない文言や写真もありますので、ご了承ください。

空室の場合、カギを預けることは可能ですか?

可能です。

鍵をお預かりする委任状をいただき、弊社の店舗にてお預かりすることも可能です。

オープンハウスとはなんですか?

開催する日時を指定して広告掲載し、お客さまに直接来訪いただき、弊社担当が直接お部屋をご案内・ご説明いたします。

現在居住中であっても、開催時間帯は担当者が責任を持って管理しますのでご安心ください。

モデルルーム感覚で自由に見学できるため、お客さまも来訪しやすく販売活動の有効な手段であり、スピーディな売却に結びつきます。